JUJUタイトル2.6.psd


JUJUタイトルプロフィール.psd

DSC_0407色調.psd



井上ヒロシ inoue "JUJU" hiroshi


幼い頃から音楽に興味を持ち、10才からフルートのレッスンを受ける。
この時期、巨匠ムスティスラフ・ロストロポービチ(cello)の演奏を体験し大きな衝撃を受ける。
また、姉の影響でビートルズ、カーペンターズなどさまざまなポップスも聴くようになる。
12才でアコースティック・ギター、15才でエレクトリック・ギターを手にし在学中からライブハウスに出演。同時にジャズを本格的に研究し始め、プロの音楽家を志す決意の下、17才でサックスを手にする。

高校卒業後、吉祥寺SOMETIMEなどのジャズクラブで数年間スタンダード・ジャズを演奏する。
やがて世界中の多種多様な民族音楽を聴くことでジャズ以外のフィールドで独自の音楽言語を持つ様々な音楽家の存在を知り、次第にフォーマットにとらわれない演奏を試みるようになるが、20代前半に健康上の理由から数年間の活動休止。

1994年、ジャンルにとらわれないサウンドで緻密なアレンジと自由なインプロビゼーションを目的とするバンド、《Limpid Pulse》(リンピッド・パルス)を結成。クリヤマコト(p)などのミュージシャンから称賛され、客席には浅川マキ(vo)や酒井俊(vo)をはじめとするミュージシャンが多数訪れるようになる。
この時期、小澤征爾(cond)、オーネット・コールマン(as,ts,tp,vln)、エディ・ハリス(ts)など 常々敬愛していた音楽家と運命的に出会うチャンスに恵まれ、その人格と音楽の在り方に大いにインスピレーションを受ける。

《Limpid Pulse》と並行して塚本功(g,vo)率いるブルースロック・バンド《The Netanders》(ネタンダーズ)に加入。
これまでに4枚のアルバム、6枚のマキシシングルを発表し、忌野清志郎(vo)から若手ナンバーワン・バンドと評された。1998年発表のアルバム『MooDoo』は海外アーティストと並んで その年の各音楽誌の年間優秀アルバムに選出される。最新アルバム『衝動』(2009)へ参加後、2013年脱退。

1997年、山川ノリヲ(vo,g)がディープ&バイツ解散後、ホーンを重視したバンド《NORIO & ICECREAM-MAN》を結成し参加する。
ミディから2枚のアルバムをリリースした。(〜1999)

1998年、管楽器4本だけによる脈打つアンサンブルとインプロビゼーションの融合を求め、ジャズ・サックス奏者(竹内直ts,b-cl,fl 緑川英徳as,ss 岡淳ts,a-fl,篠笛)による特異なジャズ・サックス・カルテット《SAXOPHOBIA》(サキソフォビア)を結成。2002年、元アメリカ大統領ビル・クリントン氏来日時の歓迎晩餐会のメインステージを努め、ジャズファンで自らサックスも演奏するクリントン氏より絶賛される。
これまでに『Fancymen In Darkness』(2000)『シェルブールの雨傘』(2003)『A Night at SOMETIME』(2008) 『雨ふりシンフォニー』(2008) 『世界中のこどもたちが』(2010) 『パレード』(2013) 『4』(2014) 以上7枚のアルバムを発表。
2007年、日本国内初、世界的にも類を見ないジャズ・サックス・カルテット用スコアブック&CD 『Jazz Standards For Sax Quartet』を出版。2008年にはvol.2を出版。
メンバーチェンジすることも活動休止することもない世界最長寿のジャズ・サックス・カルテットとして精力的に活動中。

2000年、荒巻茂生ARAMAKI BANDの立ち上げに初期メンバーとして参加。1stアルバム『Changes One』に参加し楽曲提供する。

2002年からポップス・ユニット[orangepekoe]のレコーディング及びツアーに参加。2005年まで大半の作品とツアーでバンドメンバーとして行動を共にする。

2006年、本田珠也(ds)、荒巻茂生(b)、和泉聡志(g)と《EJTB (ElvinJones Tribute Band) 》を結成。2007年には1stライブアルバム『Elvin JonesTribute Band』をリリース。(〜2010)

2008年後半からベースレス・カルテット(大口純一郎、和泉聡志、江藤良人)を結成 (〜2010)。

2011年、海外クラブシーンでも評価の高い音楽集団《SLY MONGOOSE》の最新作『Wrong Colors』に参加し、それ以後レギュラーメンバーとして活動中。

2012年、ChoroClubのベーシスト、作曲家の沢田穣治の呼びかけで3.11福島第一原発事故に対するメッセージ『NO NUKES JAZZ ORCHESTRA』にサックス、フルート、ホーンアレンジで参加。

自己のバンド、プロデュース作品以外にもレコーディング、ライブセッションは多岐多数に及び、五十嵐一生、黒田京子、忌野清志郎、友部正人、大西順子、吉澤はじめ、Cecil Monroe、畠山美由紀、アン・サリー、ケイ赤城…ほか、これまでにジャンルを越えて数多くのアーティストと共演、各作品に参加している。また、自己グループ以外にもさまざまなアーティストへ作、編曲を提供、アルバム・プロデュースも手がける。

最新プロデュース、オールアレンジを手がけた作品はシンガーソングライター《ちみん》の最新作『住処』(2012)。
(敬称略)